(c)Hirosawa

コンテンツリライト


文章執筆依頼


写真撮影依頼


Webデザイン


サイトの総合診断


社員研修


セミナー&スクール


通信コース


ストレスケア



USP診断


コピーライティング


デザイン&フォト



 コンテンツリライトとは




ホームページのリライト料
1ページあたり10万円


文章スクールで
僕が教えている文章テクニックのひとつに、
じらしのテクニックというのがあります。


じらしのテクニックというのは、
言葉の通り、
肝心なことをじらして、後回しにするということです。

たとえば、
テレビのクイズ番組で、
「答えは90秒後!」
と司会者が言って、
CMに変わるということがあります。

答えをじらしてなかなか言わないのです。
その間、視聴者は、答えはなんだろうって、
わくわくしながら待ちます。

このじらしのテクニックは、
コラムや小説などの文章でも使えます。

そこで注意しなければいけないのは、
読者にその答えを知りたいと思わせることです。

読者の興味を喚起しないで、
単にじらしているだけだと、
読者は最後までついてきてくれません。

AさんがBさんに耳打ちをします。
誰にも聞こえないように、
ひそひそとした声でAさんは言います。

何と言ったのでしょうか?

ここですぐにAさんが言ったことを明かしてしまうと、
何の芸もありません。
かといって、
なかなか言わずに、
いったい何を書けばいいのでしょうか?

じらしのテクニックをより効果的にするには、

Aさんのひそひそ話を聞いたBさんが、
驚いて目を見張る様子を描くことです。

手にしていたコーヒーカップを思わず落としてしまうとか、
Bさんの顔色が急に蒼白になるとか、
聞いた人の反応を描くと、
いったいAさんは何を言ったのか、
読者の興味は増していきます。

さらに、
Bさんが、
「それがもし本当なら、世の中がひっくり返るぞ!」
とか、
「その話、誰から聞いた。CIAか? それとも政府高官か?」
というふうに、

Aさんが言った言葉の内容のヒントになるようなことを、
小出しにするのです。

そうすれば、
じらしのテクニックがますます効いてきます。

じらしのテクニックをうまく使えるようになると、
読者を引き付け、
最後まで一気に読ませる文章が書けるようになります。

他にも文章テクニックは山ほどあります。
その文章テクニックを身につけたプロのライターが、
あなたの会社のホームページをリライトしたら、
どんなページに変わるでしょうか?

想像してみてください。

リライトとは、
文章を書き直すことです。

●東京クリエイターズネットの
リライト料金は
1ページあたり10万円です。

   















ホーム | ブログ | お問合せ | 会社概要 | 人材募集
Copyright © Tokyo Creators Net. All Rights Reserved.